2012年度 新卒採用計画について


蒸し暑い日々が続きます。

さて、この時期の旬な話題といえば・・・

来年度、12年度の新卒採用計画!!!


各企業の人事担当の方は、11の採用活動・12の採用計画と
忙しい時期ですよね。


採用スケジュール
アウトソーシング
各種コンテンツ
説明会・選考フローの見直し
ターゲットの見直し

考えることは本当にたくさんです。

私たちのような会社は、採用代行にとどまらず
各営業が上記の課題に対し、様々な解決案をご提案できます。

アウトソーシングだけでは課題解決は不可能。
採用計画から、私たちも一緒に人事担当者様と
12に向けて動き出したい。 そう思います。

大手企業様は既に詳細まで決定していることがよくありますが、
中小企業様であれば、まだ大丈夫です。

一緒に12の採用計画立てていきましょう!!


適正検査の有効的な活用方法とは・・・?


今年の採用では、エントリー数の増加を予測し、
エントリー段階または、セミナーエントリー段階で
スクリーニングをかける企業様が多かったですね。

エントリー前、またはセミナーエントリー前に
ターゲットをしぼり、自社の求める学生のみに
アプローチをしていった企業様が多かったですね。

ターゲットを絞る方法としては・・・

・上位校
適性検査結果
 ストレス診断
 基礎学力
・エントリー段階でのアンケート設定
・企業専用毎ページの発行

各企業様が自社の採用基準を見直し、
上記のような方法でターゲットを絞っていました。

11の採用が終盤に差し掛かっていますが、
結果いかがでしたでしょうか・・・?


上記のような手法での採用活動を行なっていた中小企業様、
採用人数に達しず、やむをえず延長して採用活動を行なっている企業様が多いと見受けられます。

どうして・・・?

私個人の意見ですが、

採用ターゲットのブレ

が問題なのではと感じました。


人事・面接官の間でのターゲットの共有ができていない
人事で設定したターゲットが都度ぶれる

対人の仕事であるがゆえに、非常に難しいところですが、
ターゲットが大きくぶれる企業様はなかなか思うような採用活動に至っていないケースが多いです。

ターゲットの明確化はもちろん、
そのスクリーニングをどの段階でいれるべきなのか

この2点は12採用においても非常に重要になってくるのではないでしょうか。






そろそろ就職サイト選定の時期ですね。


こんにちは!

ブログを書くのが大の苦手なわたしです。

今日も頑張って書きます!

こんなつたないブログを読んでくださって、本当にありがとうございます。


さて、タイトルにもありますが・・・・

『そろそろ12に向けて、就職サイトの選定時期ですね』


一足先に、マイナビ・リクナビの12媒体について、
先日勉強しました!!


今年は、どちらも大きなリニューアルがあるようですよ!


マイナビ・リクナビともに、毎日さわっている私としては非常に気になるところ。

面白いのが、両サイトとも今年は

『求める人物像の明確化』
『低コストで時間をかけて成果を出す』


そんなサイトづくりにしている印象を受けたところです。


アウトソーシング会社としては、
非常に助かりますし、私たちの力の見せ所です!!

私たちに何ができるのか・・・
就職サイトを最大限利用したアウトソーシングの提供が
来年度(12年度)の課題となりそうです!!

今後のキャリアマートにご注目ください!!

どこまでがコンサルティングですか?



コンサルティング・・・業務または業種に関する専門知識を持って、主に企業(まれに行政など公共機関)に対して外            部から客観的に現状業務を観察して現象を認識、問題点を指摘し、原因を分析し、
            対策案を示して企業の発展を助ける業務を行うことである。

ウィキペディアで調べてしまいました。


採用におけるコンサルティングを難しさを、業者目線で話しても
あんまり参考になりそうにないので、企業目線で話せればいいのですが・・・

何せ、コンサルティングの定義が難しい。

でも、それってお客様目線でみても同じことが言えますよね。

アウトソーシングも同じですが、
形にないものが商品だから、どこまでというのが見え難い。

そして、コンサルティングというのは、アウトソーシング以上に
値のはる商材ですよね。


ですが、今やっている11採用が終盤に近づき、
コンサルティングの必要性を感じている人事担当者様は多いのではないでしょうか。

『ターゲットの明確化』

最近、流行っているワードです。

ターゲットを明確化する為の、色々な商材もでていますが、
それを果たしてどれだけの人が使いこなせるのか・・・

使い方を間違えたらどうなるのか・・・

私はこういうときだからこそ、コンサルティングを導入すべきだと思います。

企業様の歴史や、現状の把握をし、
皆さんととことんディスカッションを重ね、最終的なターゲットを明確化していく。

そうすることで、企業内でも評価がぶれなくなったり、
正しい面接ができたり。

単純に上位校がターゲットではない限り、
部分コンサルでもいいので、お話を聞いてみてはいかがでしょうか。

今だニュースになる「内定切り」


何だか懐かしいワードに聞こえた『内定切り』。

先日、インターネットで人材関連ニュースを読みあさっていた所、
こんな記事を見つけました。


怒鳴られ続け、新人が9日目に「自主退職」・・・


う~ん。

こういう企業に出会ったことがない私は恵まれているのでしょうかね。

私自身、新卒で入社した会社を簡単に辞め、
あとあと、ひどく後悔した人間ですので、
こういった記事はひどく胸が痛みます。

採用した人事の立場も、内定をもらい、その会社を選んだ学生の立場も
リアルに想像できる立場としては、誰もハッピーではないですよね。

今回のこのニュースですが、
一番最後に以下のようにコメントがありました。

「(即戦力にならず)目算が狂ったと簡単に切り捨てる企業が増えている。人材を育てる意識が薄い」と指摘する。

今回の記事も含めて、思うんですが、
皆さまの会社で求める学生像とは、どんな学生さんですか??

具体的に、もっと明確にすべきでは・・・という思いが更に強くなりました。

人事の皆さま、是非もう一度考えてみてください。
そのためのお手伝いはできると思います。

採用予算について

5月も下旬にさしかかり、人事の方も
いよいよ来年度採用について考え始める時期にさしかかっていらっしゃるかと思います。

6月からは、各就職サイトのインターンシップサイトも立ち上がり、
学生もどんどん動き始める時期になります。

この時期、当社でも12年度の採用を検討している企業様にお会いする機会が
どっと増えるのですが、毎年の課題になるのが「採用予算」。

どこの会社の人事担当者様も、効率よく、出来る限り安く採用活動を終えたいという
切実なお気持ちがあるため、出来る限りそのお気持ちに答えようと、
毎年当社の社内でも見直しがかかる部分であります。


11採用を行っていてひとつ気づいたのですが、
新卒紹介は本当にアツイですね!

成功報酬型で、学生フォローは人事担当だけでなく、
紹介会社もやってもらえる。
人事の方にとって、こんな素晴らしい制度はないと感じました。

採用のアウトソーシングとはまた違った利点がありそうですね。

気になる方は是非、お問い合わせください!!

2010年新卒の振り返り

暑い日が続いています・・・

4月に入社した新入社員も約2ヶ月経って、
社内の空気にも馴染んできた頃ですね。

2011年の新卒採用もひと段落。
今からセミナーを開催する企業様も、
ここで何とか決めたいところですね!

今年度の採用は、昨年度から大きな市場の変化はなく、
10年度を振り返った結果、今年は厳選採用をおこなった企業様が
多くいらっしゃったかと思います。

結果、今年度の採用活動はいかがだったのでしょうか。

中小企業の厳選採用は、市場に関係なく成功している企業様の方が少ないのでは・・・?

厳選採用が失敗したということではないと思うのですが、
昨年度までと同じ手法でやっていたら、ターゲットとなる学生層は大手にどんどん流れていきます。

とある企業様では、内定後の学生フォローの一環として、
外部の採用コンサルタントを導入し、学生フォローを依頼しているようです。

外部の人間であることをあえて公表し、
社外から見た、その企業様の客観的な見解を伝えることで
学生さんには説得力があるのでしょう。

コンサルタントの使いどころはたくさんあると思います。
今回お伝えしたのはほんの一例。
コンサルタントについて、また、何か採用における今後の課題解決方法の
アドバイス等、是非キャリアマートにお問い合わせください!!

12採用準備始動!!



最近よく聞こえてくるのは・・・・

「既に12の準備を始めている企業様が結構いる」ということ。


予想以上に早い!!!
景気回復の影響か・・・

それにしても早い・・・


今年度は、特にそうでしたが、
ギリギリまで採用するかどうかわかりません・・・という中、
きちんと準備できずに採用活動に望んでいる企業様もすくなくないのでは・・・?

「来年度はしっかりやりたい」

そう思う人事の方は多いはず!

11と平行して準備は進めましょう。

情報提供・ご提案は是非させてください!

学生が選ぶ人気企業ランキング記事


ここでは働きたくないなあ……と大学生が思う業界

働きたい企業ランキングはよく見るのですが・・・

やっぱり強し!
飲食・百貨店・スーパー・コンビニエンスストア業界。

嫌な理由
(1)勤務時間が深夜
(2)労働環境
(3)バイトの延長戦
(4)土日勤務

上記4つはよく聞く理由ですよね。

でも・・・・・
社会人になって思うんですけど、これって不人気業界でなくても
普通にあることだと思いませんか?

採用アウトソーシングをしている私としては、
この不人気業界の採用を成功させる事が一番の夢です。

負のイメージをなんとかしたい! そんな風に思っています。

まだまだ時間はかかります。
4年目のペーペーですから。


飲食・百貨店・スーパー・コンビニエンスストア業界の人事担当者様、

負けずに前へ進みましょう!



採用の効率化ってなんでしょう??


タイトルにも書いた『採用の効率化』って言葉、

何年もアウトソーシングに携わってきて思うのが、

「一体、どうなれば効率化と言えるんだろう」という、

超初歩的な疑問です。



あくまで自論ですが・・・

アウトソーシングを入れたからって
「効率化」できるとは限りません。

理由は、効率化を求めるならばまず自社について
とことん知るべきだからです。


ターゲットは「上位校」、かつポテンシャルのある男性という、
一見しっかりとしたターゲットに見えますが、これでいいのかな・・・と最近よく思います。

アウトソーシングを利用し、「効率化」を計るのであれば、
先ずはターゲットや採用人数等、新卒採用をスタートする一番の初期段階を
ある程度時間を使ってとことん突き詰めるべきと考えます。

それを明確にし、アウトソーサーと共有して学生誘致をはかる。
こんなアウトソーシングをしたい・・・と最近思っています。

私から色々な提案をし、そこからお客様の不明点を明確にする事が
できればいいなと思っています。

これって、アウトソーサーではなく、コンサルの領域ですかね・・・?


でも、チームで共有する情報はもっと突き詰めて
お客様と話せるのではという最近の気付きがあったのは大きな一歩。

もっと、お客様にご満足いただけるよう
沢山の声を聞きたいなと思いました。

よろしければ、当社の『採用119』にて採用担当の方の
沢山の声を聞かせてください。


「人事部の仕事代行」業務を開始



4月5日の『日本の人事部』より


ライフデザイン研究所、中堅・中小・ベンチャー企業向けの
「人事部の仕事代行」業務を開始



中堅・中小・ベンチャー企業にとって、重要とは分かっていても
なかなか手がつけられないのが人事部門の設置です。


人事部門が未発達であるゆえ、大金を使って採用した社員が
30歳前後で転職(もしくはもっと早いタイミングで・・・)。

この現実、採用業務に携わる私としても、
何とも悲しい事実です。

この新しい試み、どうなるのかすごく楽しみです!

採用のアウトソーシングと、人事業務代行で
日本を強くしたい!できるのかも・・・と思ったひと時でした。

今後の動向に注目です!


『日本の人事部記事』

【新卒・新入社員】

4月に入り、新入社員が入社して一週間が経ちました。

人事の皆様は、採用業務の他に、社員教育や、
総務業務で非常にお忙しい毎日をお過ごしの事と思います。

さて、先程も申し上げましたが、新入社員が入社して一週間。
フレッシュな風が入ってきて、良くも悪くも何も知らない彼らを見ていると、
勉強になることが沢山あります。

仕事の取り込み方が分かりやすい例です。

《新入社員の特徴》
(1)分からないがとりあえずやってみる
(2)会社のために自分に何ができるか頻繁に考える

この二点、失敗したらスゴイ量の仕事が増えますが、
社会人3年目辺りから、どこかに置き忘れるものでもあります。

私からすると、この精神を私も持つべきもので、
ただなかなかその頃には戻れない、取り返しが不可能と言えるくらい貴重な財産だと思います。


新入社員を見て気付く事、思い出した事をできる限り吸収できるよう、
採用コンサルティングに関わっている人間として、
心掛けだけは持ち続けたいと思う今日この頃でした。

新卒紹介予定派遣のメリット・デメリット


なんか、前もこんな様な事書いた記憶がありますが・・・
重複していましたら、お許しください。


新卒紹介予定派遣の略は「新卒派遣」。

こっちの方が、よく聞く言葉ですよね!


新卒紹介予定派遣とは、正社員になることを前提にした派遣のスタイル。

新卒派遣のメリットは、事前に様々な研修がうけれられる事。
学生では理解できない、マナーやPCスキル等、身についた状態で、
入社してくれたら、どんなに助かるか。

やっぱり少しでも即戦力になってもらえたら、
それはそれで嬉しいですもんね。


○年前に派遣の経験もある私。
登録する派遣会社により、自分のその後の社会人経験が大きく左右される事を
学んだ数ヶ月でした。

派遣会社は、それぞれ特徴があります。
そこも見極めて、決定しないと後で痛い目をみますよ~。

今は正社員になるのも大変だと、何かに書いてありました。
こうして夜遅くなっても働いていられる、私は本当に幸せ者だと思い、
本日のお仕事これにてお開きでございます。

ご一読ありがとうございました。

採用コンサル会社の比較

簡単にタイトルに書きましたが、これってすごく難しいです・・・

でも企業の人事担当者様ってこういうのを実は知りたいんですよね??

私も気になって『比較ドッドコム』で調べてしまいました!!
http://www.hikaku.com/ac/

これって、誰が調べたのでしょう・・・
自分の企業の課題部分をそれぞれの項目から選択し、
最終的にそのニーズにマッチした採用コンサル会社が複数ピックアップされるんです!!

驚いたことに、私がいるキャリアマートは、とある検索項目の組み合わせで、
なんと一番トップに社名が載っているではあ~りませんかっ!!

ちょっと嬉しくもあり、誰がどういう判断で決めているんだろ・・・なんて疑問に感じたり。

でも、こういう外部情報って、企業様にご提案させていただく際に
すごく信頼性のあるものになったりするんですよね。

私もまだまだ、色々なお客様に会ってみたい!!

こういう比較サイトがもっと性能を上げてくれたら
「先ずは金額!」っていう、概念を少し変えられるのかな・・・






採用アウトソーシングの価値とは・・・?



毎年、どこかのタイミングで必ず考える「採用アウトソーシングの価値」について。

自分の仕事を否定しなねないこの大きな課題・・・

プラス思考の私は、こんな深い・究極の課題を持てる
この仕事の奥深さに関心してしまうのですが・・・(苦笑)

ただ、本当に悩みます。
アウトソーサーの経験がある方は、
必ず一度は考えた事があるのではないでしょうか。

こんな悩み(?)、課題を持ちながらも
クライアント企業様の採用活動が終わると
「●●さんのおかげだよ。ありがとう!」と言って頂いた時に、

私がやってきた事に意味はあった!
やっててよかった!

と感じ、来年もまたがんばろう!って思っちゃうんですよね(苦笑)

採用アウトソーシングの価値は?に対する答え・・・

たった4年の経験しかない私には、まだまだ分かりそうにもございません。

でも!
お客様が私を必要としてくださっている限り、
その答えを見つけられるよう、日々努力しないと!と思う今日この頃でした!

採用も本格化!
3月・4月は大手も本格的に動き始めるときです。

一緒に乗り切りましょう!!

企業ニーズが高まる新卒紹介


新卒紹介」って少し前に出てきたワードですよね?

当社でもアウトソーシングと新卒紹介のダブルお申し込みを頂いている
クライアント企業様が何社もございますが、
アウトソーサーの立場からみても、その利点がよくわかります。

①ナビからは数、新卒紹介からは質の提供ができる「数うてばあたる」のは確かですが、
そうは言っていられないのが11採用。
※もちろん、数が集まらないと話しにならないのですが。

コスト・時間を抑えるためには、
新卒紹介のように、事前にコンサルタントとなる人物が学生に会うことで
その学生にあった企業紹介ができます。

これって、人事担当者様からすると、
すごく効率の良い採用方法だなと本当に感じます。

ナビからのセミナー動員は今や参加率が50%代。
かたや、人数はナビからの誘導に比べ、圧倒的に少ないのですが、
新卒紹介からご案内した学生のセミナー参加率は70%以上・・・

夏以降は、新卒採用のニーズはどんどん高まるんだろうと思う
今日この頃でした。





派遣社員の今



今のこの不況下、派遣社員の現状は非常に厳しくなっていると思います。

企業が派遣社員を解雇したというニュースが毎日のように流れていた昨年、
せっかく派遣の品格というドラマの影響もあってイメージが一新された
派遣社員がまた厳しい立ち位置におかれているような気がします。

女性としての立場から言うと、派遣という働き方に対しては非常に良い制度だと思っています。

性別どうこうではないですが、
現代の女性は、様々な選択ができるようになっています。

何かメインの役割・立ち位置があって、それでも働きたい女性も沢山いますよね。
派遣社員という働き方は、そんな女性にとっては
希望に叶う働き方なのではないでしょうか。

とはいえ、不況だからこそ派遣社員って重宝されるものではないのでしょうか。
色々なニュースでも、今だからこそ「派遣がいい」という中小企業も多いと聞きます。

その割には、そんな動きが全く見えず・・・

今後も注目!ですね。





どうなる??2011年 新卒採用

もうこの業界に携わり4年が経ちました・・・

4年も経っているのに、こんなブログしか書けないなんて・・・と思いながらも
参考にして頂けたら嬉しいと思います。


【どうなる!?2011年度新卒採用

昨年の10月よりスタートした11新卒。
今年は厳選採用!と言っていた企業様も、
もう一度学生さんへのアプローチ方法を検討する必要がありそうです。

というのも、説明会・選考会が本格化している今、
アウトソーサーとして数々のお客様の状況を見ていて気付いた事があります。

~今年の学生の傾向・特徴~

①企業の優先順位をはっきりつけている
②今の時期は、やはり大手志向
③学生の全体的な質は昨年度よりも下がっている傾向あり(?)

=========================

①企業の優先順位をはっきりつけている
今年の大きな特徴は、セミナー直前キャンセルです。
セミナー当日には、最終的な予約者の倍の数のキャンセル数があったり・・・
アウトソーサーとしては、セミナー当日の朝の予約状況チェックが非常に怖いです。

これは、学生が企業の優先順位をかなり明確につけており、
その優先順位にそって動いている現われだと思います。

②の大手志向にも絡んできますが、
この時期は多少無理してでも大手を狙いたい学生が多いはず。

その中で中小企業様に目を向けていただけるよう、魅力的なセミナー開催や
企業への興味度を上げる施策をしなければ、今の時期は苦しいのだと思いました。

セミナー参加率が既に50%を割っている企業様もあり、
去年まで2月3月で数名採用できていた企業様も、
4月以降にずれ込む可能性は多分にありそうです。
※厳選採用なので、なおさら!!

とはいえ、企業側もとにかく人が欲しいというわけではなく、
各企業様に合った人材が欲しいわけで、そこに投資できるお金も限られているのが
11年度採用。

今年の採用ピークは3月~4月になると見込んでいます。
長丁場になりますが、精一杯サポートさせて頂きますので、
一緒に頑張りましょう!!

★今年の傾向や、採用に関するお悩み等
 キャリアマートで解決の糸口を見つけてみませんか?

≪新卒採用119≫
http://www.career-m.com/outsourcing/119room.html



web適性試験について

新卒に限らず、中途でも適性検査ってやりますよね。

この業界に入るまでは、こんなんで私の何がわかる!!なんて思っていました。

以前アファリスというストレス体制を見る適性検査を受けましたが、
出てきた結果が、自分で認識しているのとほぼ同等の結果が出てきたので
信憑性もそれなりにあるのかなぁなんて思いました。

でも、自分で受けて結果のフィードバックをもらったから思うのですが、
新卒も中途も適性検査を受けさせた後、フィードバックってしないですよね?
私だったら絶対試験結果を知りたいと思う。

もちろん不合格となった方へのフィードバックなんて
どうやるのかなぁとも思いますが。

最近ジェネレーションギャップを感じる事がよくありますが、
そういった人事側の人間が、学生さんの事を理解する為には
結構いい材料になるのかもしれません。
今後もっとバージョンアップした適性検査が出てくるのかなぁと思います。

今後も適性検査には注目の価値ありです!!

採用代行 | 新卒採用アウトソーシング(司会運営・受付代行/岡山・広島)

採用代行に関して、特に新卒採用
会社説明会に関する司会・受付代行は今年も
この採用繁忙期になって大手企業様からの
御問い合わせが増加傾向。


新卒採用における完成度の高い会社説明会には、
まさしく段取りが非常に重要なのは言わずものがな。


受付役や司会進行など、採用説明会中、
一人でクルクル動き回ってますと、学生には
あまり良い印象をもたれないのは当たり前ですね。


受付は受付、司会進行は司会進行で
しっかりと役割分担をできている会社さん、
今のこの御忙しい時期こそ少ない印象があります!


新卒採用の説明会司会・受付代行はこちら


新卒採用の説明会司会・受付代行を、
名古屋・大阪・福岡エリアの大手企業様を中心に、
岡山・広島エリアの優良企業様もふくめて、
最近、非常に多くお受けしています。(私自身も。笑)


説明会等での受付業務・司会業務を代行するのが
メインですが、地域・回数・時間等により価格体系が
異なりますので、詳しくは当社までお問合わせ下さい。

画像

新卒採用支援サービス一覧
採用アウトソーシングサービスのご案内
合同企業説明会のご案内はこちら

-お問い合わせはこちら-------------------
新卒採用お問い合わせ
新卒採用お見積もり
中途採用ツールお問い合わせ
参考:弊社転職サイト
--------------------------------------


・参加学生の受付、出欠管理
・資料の配布、回収
・司会進行、スピーカー
・スピーカーフォロー
・会社説明会の代理運営



会社説明会を開催するタイミングは
マンパワーの関係で、時期をずらして
各エリア順番に行っている企業がほとんど。


なるべくなら同じタイミングで進めて、
タイミングを逃さず、尚かつ新卒採用活動の
効率化を図っていただくのも、弊社採用アウトソーシング
存在意義であったりしますから、こういった部分支援での
活用方法も、大手企業様、中堅企業様問わず、
お考えいただくといいと思います。


-------------------------------------------------
キャリアマート/人事採用コンサルタント

新卒採用コンサルティング新卒採用アウトソーシング
常駐型採用代行常駐型アウトソーシング
採用代行採用業務代行サービス
-------------------------------------------------
新卒採用コンサルティングについて
新卒採用アウトソーシングについて
新卒採用ツール中途採用ツール
-------------------------------------------------
大阪 採用コンサルティング西日本 新卒採用支援採用代行常駐型採用代行エリア】
[関西地方] 大阪/京都/兵庫(神戸)/滋賀/和歌山/奈良 [東海地方] 愛知(名古屋)/三重/長野/岐阜/静岡 [北陸地方] 福井/富山/石川 [中国地方] 岡山/広島/山口/鳥取/島根 [四国地方] 香川(高松)/愛媛(松山)/徳島/高知 [九州地方] 福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島/沖縄(那覇)