採用の効率化ってなんでしょう??


タイトルにも書いた『採用の効率化』って言葉、

何年もアウトソーシングに携わってきて思うのが、

「一体、どうなれば効率化と言えるんだろう」という、

超初歩的な疑問です。



あくまで自論ですが・・・

アウトソーシングを入れたからって
「効率化」できるとは限りません。

理由は、効率化を求めるならばまず自社について
とことん知るべきだからです。


ターゲットは「上位校」、かつポテンシャルのある男性という、
一見しっかりとしたターゲットに見えますが、これでいいのかな・・・と最近よく思います。

アウトソーシングを利用し、「効率化」を計るのであれば、
先ずはターゲットや採用人数等、新卒採用をスタートする一番の初期段階を
ある程度時間を使ってとことん突き詰めるべきと考えます。

それを明確にし、アウトソーサーと共有して学生誘致をはかる。
こんなアウトソーシングをしたい・・・と最近思っています。

私から色々な提案をし、そこからお客様の不明点を明確にする事が
できればいいなと思っています。

これって、アウトソーサーではなく、コンサルの領域ですかね・・・?


でも、チームで共有する情報はもっと突き詰めて
お客様と話せるのではという最近の気付きがあったのは大きな一歩。

もっと、お客様にご満足いただけるよう
沢山の声を聞きたいなと思いました。

よろしければ、当社の『採用119』にて採用担当の方の
沢山の声を聞かせてください。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック