今だニュースになる「内定切り」


何だか懐かしいワードに聞こえた『内定切り』。

先日、インターネットで人材関連ニュースを読みあさっていた所、
こんな記事を見つけました。


怒鳴られ続け、新人が9日目に「自主退職」・・・


う~ん。

こういう企業に出会ったことがない私は恵まれているのでしょうかね。

私自身、新卒で入社した会社を簡単に辞め、
あとあと、ひどく後悔した人間ですので、
こういった記事はひどく胸が痛みます。

採用した人事の立場も、内定をもらい、その会社を選んだ学生の立場も
リアルに想像できる立場としては、誰もハッピーではないですよね。

今回のこのニュースですが、
一番最後に以下のようにコメントがありました。

「(即戦力にならず)目算が狂ったと簡単に切り捨てる企業が増えている。人材を育てる意識が薄い」と指摘する。

今回の記事も含めて、思うんですが、
皆さまの会社で求める学生像とは、どんな学生さんですか??

具体的に、もっと明確にすべきでは・・・という思いが更に強くなりました。

人事の皆さま、是非もう一度考えてみてください。
そのためのお手伝いはできると思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック